スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTrader人気記事

スポンサーサイト
その他 | CM(0) | 2016/07/31(日) 07:12

相互リンク








相互リンク募集中(Google Page Rank 2 以上)


管理者ページ

その他 | CM(0) | 2015/03/10(火) 07:42

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!

2014年も早いもので1月中旬に差し掛かろうとしています。新年の挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、2月からトレードを開始します。


本業とFXについて

本業のプロジェクトが炎上してしまい、2013年後半は全くトレードができませんでした。

ただし、抜群のエントリーポイントも出現しなかったため、結果的に何もしなくて正解だったかもしれません。その本業が2月頃から落ち着きますので、ようやくトレードできるようになるというわけです。


MT5の動向について

上記の通り、FXから完全に遠ざかっていましたので、MT5の動向等についても情報が収集できていません。

今年はGRTのAndroid対応(案)を検討していますので、情報収集しつつ対応できるか検討していきます。


その他 | CM(1) | 2014/01/12(日) 19:30

GRTマニュアル(無料公開)

GRTのマニュアルについて

GRTマニュアルの無料公開を始めました!

詳細は以下の記事に記載しています。


その他 | CM(0) | 2012/09/14(金) 02:31

MetaTrader(メタトレーダー)とは?

MetaTrader(メタトレーダー)とは?

MetaTrader(メタトレーダー)とは、ロシアのMetaQuotes Software(メタクォーツソフトウェア)株式会社によって製作された高機能で多機能なトレーディング・ソフトウェアです。

MetaTrader(メタトレーダー)では、MQLと呼ばれるC言語に似たプログラム言語で独自のテクニカル分析や自動売買プログラムを製作することができます。

このため、世界中から世界共通のトレーディング・プラットフォームとして高い評価を受けており、日本においても評価が高まりつつあります。


MetaTraderとは? | CM(0) | 2012/08/12(日) 16:58

お問い合わせ

名前
メールアドレス
件名
本文
当ブログについて | CM(3) | 2012/08/11(土) 16:10

メディア掲載履歴

FX攻略.com 2012年1月号
FX攻略.com_2012年1月号


当ブログについて | CM(0) | 2012/08/11(土) 14:49

免責事項

当ブログは主にFX(外国為替証拠金取引)に関する情報の提供を目的としたブログです。 掲載内容については、できる限り正確かつ公平であるように最善を尽くしておりますが、当ブログにより発生した如何なる損害や損失に対して、管理者は、一切の責任を負わないものとします。 当ブログとそれに付随する情報の利用や最終的な投資判断につきましては、全て自己責任で行って頂きますよう宜しくお願い申し上げます。


当ブログについて | CM(0) | 2012/08/11(土) 14:17

【FXで勝つための推薦書籍】「ワンランク上の問題解決の技術」著:横田尚哉

ファンクショナルアプローチ

「ファンクショナルアプローチという考え方を理解して、問題解決のために活用することができれば、本質を捉える事が可能となり、ワンランク上の解決策を講じることができる」ということを前提として、それを実践するためのプロセスが書かれています。

具体例もなくQC手法などの問題解決技法について何も知らない方が読んでも理解するのに苦労してしまい、実践できないのではないかと思いますが、一読の価値はあります。

FXで勝てないという問題に直面したときに、その問題に対してファンクショナル(機能)なアプローチで思考することができれば、今までと違ったワンランク上の対策を打てることは間違いありません。


FX向けにアレンジ

準備のフェーズでは、解決しなければならない問題を「FXで負ける」と仮定して進めるとやりやすいはずです(勝っていても)。

また、分解のフェーズでは、どう分解すれば良いのか悩んでしまうと思いますが、ヒントを差し上げますと「外国為替」、「テクニカル」、「ファンダメンタルズ」、「メンタル」、「トレード」といった具合に分解していけば良いかと思います。

それ以降の、創造・洗練については、手段が目的化しないようにファンクショナルなアプローチを継続して行えば上手くいくはずです。

この繰り返しで改善活動を行って、FXの勝ち組に入ることは十分に可能だと思います。


ファンクショナルアプローチで皆さんに気づいて欲しいこと

この書籍を読み終えたときに以下のようなことに気がつくはずです(気がついて欲しいです)。

・為替相場の本質/原理に目を向けることが重要だということ

・テクニカルの追及が目的化してしまっているということ

・損失を取り戻すことが目的化してしまっているということ

もしも、上記のような状態に陥っているとすれば、そこから這い上がるにはファンクショナルアプローチを実践することで、現状を打破できると思います。

興味のある方は、是非とも読んでみてください。


推薦書籍 | CM(0) | 2010/05/15(土) 12:47

FXで負ける人の傾向

はじめに

FXで負ける人の傾向というのは、書籍等でよく取り上げられますが、ストップを置かない等の当たり前のことで大半が占められています。

そこで、FXで負ける人の傾向を独自の観点でまとめてみたいと思いました。

この文章によって、大きな気づきが得られれば幸いです。


テクニカルの設定数値に拘る

本来、テクニカルというのは、200日MAに代表されるように多くの人が目安にしているからこそ意味があるはずの指標です。

それにも関らず、過去の値動きに合わせて数値を設定している人の多いことに驚きます。

テクニカルの設定数値を弄るということは、限定された値動きの中での脆弱性を突くことになるだけで恒久的な勝ちには繋がりません。

確かに、一定期間毎に最適化を繰り返せば良いのですが、そういった本質的ではない小手先のテクニックは、いずれ破綻してしまいます。


テクニカルの計算式を知らずに利用している

計算式を知らないということは、そのテクニカルの利点・欠点を根本的には理解できていないということになります。

まずは、自分自身が無知であるということに気づくべきでしょう。

計算式を理解すれば、テクニカルは単に過去の四本値を利用した数学遊びに過ぎないと気づくでしょう。

その気づきがあれば、FXで勝つためにはテクニカルだけでは不十分だという気づきも同時に得られるはずです。


テクニカル派・ファンダメンタルズ派・スイング派・スキャル派といった括りで自分のスタンスを固定化する

為替相場はテクニカル重視の値動きになることもあれば、テクニカルを無視したファンダメンタルズに則った値動きとなることもあります。

また、為替相場は様々な情勢によってボラティリティが変動するため、スキャルが有利である場合もあれば、スイングが有利な場合もあります。

そのため、まずは自分自身に合わせて相場が動かないことに気づくべきでしょう。

その気づきがあれば、自分自身が相場に合わせて行動すれば良いのだという気づきも同時に得られるはずです。


おわりに

負ける人の傾向を分析すると端的に言ってしまえば、勝つためには「為替相場に柔軟に対応してトレードしなさい」ということになってしまいます。

当然、そのためにはどうすれば良いのかという問いかけが出てくると思います。

その一つの答えとして、私はGRTを開発したのです。

為替相場で勝ち続けることは簡単なことではないですが、こういった負ける人の傾向等に自分自身が該当していないか確認することは非常に重要です。

また、それ以上に重要なのが、該当する項目に対して、原因を分析し、対策を立て、行動に移し改善させることだというのは言うまでもありません。


FXの極意 | CM(0) | 2010/01/03(日) 14:05


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。