スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTrader中期チャート画像一覧 2009.07.31

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

画像を一覧にして公開してみます。

こういった日々の画像はブログで公開する必要あるでしょうか?


Golden Ratio Trading チャート画像(MetaTrader 4)

EURJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


AUDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


CADJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


NZDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


EURUSD 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


GBPUSD 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


スポンサーサイト
MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/07/31(金) 07:42

MetaTraderによるEURJPY中期分析!(黄金比MA攻防)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

EURJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線-61.8%を目指す展開となりそうです。

しかし、株価は相変わらず強いので、売りでいくより押し目買いの方が断然有利です。


ファンダメンタルズ

明日は、米国GDPの発表があるため要注目です。

恐らく、最近のマクロを反映しているのであれば、予想以上の結果を期待できるのではないでしょうか。


メンタル

ストップとリミットをしっかりとつけていますか?

ボラティリティが少しずつ低下していますので、心理的にストップを設定しづらくなりますが、長期的に考えれば破滅へのスタートであるため、ストップは必ず設定しましょう。


トレード

EURUSDが主導でEURJPYも下落しているので、トレードはドルストレートの方がやりやすいと思います。

ダウが小幅下落で引けたことから、株価は底堅いと思うのですが、上値を試す展開ではないでしょうし、為替相場も様子見といったところですので、私自身も様子見とします。


MetaTraderによるEURJPY中期分析!(黄金比MA到達レベルの押し)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

EURJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

ドル売り・円売りの流れが一巡し、ようやく調整が入ってきました。

黄金比MAまで下げましたが、目先の黄金比MAが上昇していることから、下落トレンドへの転換には注意が必要です(目先の黄金比MAが上昇しているため、黄金比MAを下抜けて、下落トレンドへ転換してもレートが絶対的に下がるとは限らないことにも注意)。


ファンダメンタルズ

経済指標が軒並み好調なこともあり、多少の悪材料が出てきてもトレンド転換には至らない状況です。

為替相場は中期視点に変わりましたので、中期で捉えて中期で利益確定するのがベストです。


メンタル

逆張りになりがちな思考の方が不利な相場です。

こんなに上昇したんだからもっと下げるだろうとか、値頃感や感情論で考えるのではなく、為替相場の本質に立ち返って、相対的であることを理解し、テクニカル分析/ファンダメタルズ分析の両方が重要だということを再確認してください。


トレード

平均135.3で売っていまして、黄金比MA前後で利益確定しました。

黄金比線とIMMポジションを考慮して十分に引きつけた上での戻り売りでしたので、この逆張りは問題ありません。

現状の相場では、逆張りの場合、中期→短期(中期というのは週レベルでの天底、短期というのは日レベルでの天底を指します)でトレードするのがベストです。


Golden Ratio Trading バージョンアップのお知らせ

Golden Ratio Trading バージョンアップ

バージョンアップによる変更点は、以下の通りです。

  • マニュアル:ファンダメンタルズ分析の追記
  • GRT_Ranking:ランキングの計算が間違っていたのを修正
  • レンタル期限ファイル:ロジック変更に伴い修正

注意事項

バージョンアップの注意事項は、以下の通りです。

  • インストール前にMetaTrader 4を終了させること(インストールに失敗してしまいます)
  • インストール後に、テンプレートを再適用させること(描画が正しくなります)

バージョンアップのお知らせをレンタル者の方々へメールで送信しておりますが、まだ送付されていないという方は、こちらにメールで連絡していただけると助かります。


MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/07/28(火) 01:42

MetaTraderによるUSDJPY長期分析!(下落トレンドから円売り>ドル売りで突破できるか)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


MetaTraderによる原油WTI長期分析!(為替相場が中期視点に変わってきたため原油も分析対象に追加)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

原油WTI 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


MetaTraderによるダウ中期分析!(そろそろ上値かそれとも…)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

ダウ 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

中期分析では黄金比線200%を達成し、長期分析(4時間足)では下落トレンドからの黄金比MA到達ということで、岐路に立たされています。

中期分析では一旦反落する可能性が高い状態と言えますが、長期分析では目先の黄金比MAが下落しているということもあり、上昇トレンドの回復は間違いありません。


ファンダメンタルズ

中長期で景気の見通しが明るくなっていることから、多少の短期的な悪材料で株価が大きく下振れるリスクも少なくなってきました。

株価の安定により為替相場も予測しやすくなります。

その一方で相場が動意する刺激的な情報がなくなってくるため、個人の主観で予測してしまい自滅する人が増えてきます(私の勝手な経験談ですが…)


トレード

一時的・突発的な情報に大きく左右される為替相場は終わったと思います。

今後のトレード方針としては、中期で捉えて中期で利益確定というスタンスでやっていきたいと思います。

また、中期レベルのファンダメンタルズが意識される相場となり、逆張りが不利な相場に変わってきますので、逆張りトレード数をほとんど0(GRTによる明確な天底のみ狙う)にします。


MetaTraderによるUSDJPY中期分析!(黄金比線161.8%に到達)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比MAで反発後、黄金比線161.8%まで上昇しました。

その後は反落となっており、黄金比線が機能していることを確認できると思います。


ファンダメンタルズ

中古住宅販売件数は予想を上回る結果となり、株価は軒並み強い結果となりました。

本日は、金曜日ということもあり、調整に終始するでしょうし、無理にトレードする地合いではないと思います。


トレード

今月も申し訳ないほど、トレードは絶好調を維持しています。

そろそろ天狗になってくる頃なので、ストップに当たるようなトレードをしてしまうかもしれません…とブログに書くことで冷静さを維持したいと思います。


MetaTraderによるAUDJPY中期分析!(上昇トレンド継続か)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

AUDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線からは抜け出し、再び上昇するか、黄金比MAにトライするかという状態になっています。

今後もファンダメンタルズの状況が良ければ高値を更新していく可能性は高いと言えます。


ファンダメンタルズ

米5月住宅価格指数は好結果となったため、本日の中古住宅販売件数にも期待が持てます。

多少の悪材料があっても、消化できるほどの好材料が揃ってきたため、リスク許容度の改善から円売りが優位になる(押し目買いが厚くなる)ことが予想されます。


トレード

基本的には、ストップとリミットの幅を縮めた押し目買いで勝負したい相場です。

突発的な情報に注意して、利益を重ねていきましょう。


MetaTraderによるEURJPY中期分析!(勝ちパターントレードは健在)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

EURJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

クロス円では、GRT_MACD(レンタル者の方のみ配布)で典型的なダイバージェンスを予見できていましたし、実際にダイバージェンスが発生しました。

ただし、クロス円の戻り売りは逆張りであるため、リミットを抑えて上手くトレードしました。

黄金比リトレースメントとしては、23.6で反発し、上昇トレンドの中では十分な押し目を作りに行けたと判断できます。

今後は、目先の黄金比MAを下抜けずに上昇トレンドを継続できるのかファンダメンタルズと併せて分析していく必要があります。


ファンダメンタルズ

NASDAQが12年ぶりの10日続伸ということで短期的には楽観ムードが広がりつつあります。

FRB議長の議会証言では、強気ではない内容に留まったため株価が下落する場面もありましたが、最終的には好調な企業決算に後押しされる形となりました。

今週もこのような形で経済指標などの短期的な結果に着目した値動きに終始すると思います。

最近は、理不尽な為替の値動きもなく納得できる素直な状態ですので、勘ぐることなく大衆的・一般的な思考に基づいて分析していきましょう。


トレード

クロス円の戻り売りは、GRT_MACDダイバージェンスによる勝ちパターントレードで楽々と天井を売り叩いて、含み損を抱える時間がほんの僅かで、大きな利益を得ることができました。

これが偶然ではなく必然にできるということが、GRTの凄さでもあり、為替相場の本質を理解するということの重大さを裏付けるものでもあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。