スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるUSDJPY中期分析!(円高はまだ止まらない)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

中期分析の画像を掲載したのですが無視しまして、長期分析においては、サブプラ問題以降、2007年8月から2008年6月まで黄金比MAを下回る状態が継続していました。

その後、2007年8月~下落トレンド~2008年6月~上昇トレンド~2008年10月~下落トレンド~2009年3月~上昇トレンド~2009年7月~下落トレンド~という下落基調が続いてきました。

この下落トレンドの背景としては、対円での金利格差縮小が主に考えられます。

この状況は現在も変わっておらず、ファンダメンタルズとも協調するため、円高は止まらないと考えているのです。

更に日足で考えてみますと1995年につけた79円台を基準にすると2011年一杯までに65円を割る可能性さえ十分に考えられます(あくまでも可能性ですが)。


ファンダメンタルズ

円売りがキャリートレードという背景で持続的に行われてきたように、ドル不安、ドル離れ、通貨の多様化を背景としたドル売りも継続すると予測しています。

この流れが転換するスイッチとしては、利上げが考えられますが、年内はほぼないと言ってもいいでしょう。

レートの水準としては、あたかも反転しそうな気配が漂っているのですが、ファンダメンタルズがテクニカルと協調していない以上、底打ちはまだと予測しています。


トレード

USDJPYに関しては深く下落した際には逆張り有りだと思いますが、クロス円は底値拾い禁止とします。

基本的にはUSDJPYとクロス円の戻り売りで、EURUSDにおいてドル売りトレンドのドル買い調整が起きそうなタイミングではクロス円を厚めに張ります(その際、USDJPYはトレードしない)。


スポンサーサイト

MetaTraderによるUSDJPY長期分析!(再度の黄金比線-61.8%到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


MetaTraderによるGBPJPY長期分析!(長期的に見れば売られ過ぎではない)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


MetaTraderによるAUDJPY中期分析!(物凄く綺麗な値動き)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

AUDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

相場にメリハリのある良悪な材料があったため、相対的な為替相場の値動き限界を示している黄金比線が完全に機能しています。

ヘッジファンドなどは、無論、為替相場が相対的であることを理解した上で仕掛けをしてきます。

そのため、急激な下落があったとしても、どこかのタイミングで値動きが止まるラインがあり、それを黄金比線で目視できるようになっているのです。


ファンダメンタルズ

原油価格の下落に伴い買い進められていた資源国通貨の売り戻しが起きています。

逆に言えば、更なる下落余地が残されているということですので、安易な押し目買い勝負は危険を伴います。

ドル売りも足踏みですし、ふとしたきっかけで円高方向にオーバーシュートする可能性があります。


トレード

基本的には、資源国通貨が買われやすい状況に変わりはないため、オーバーシュートした際にはこっそりと大人買いします(笑)

また、クロス円が上昇していたのはドルストレートの影響であり、円売りが直接行われていたわけではないため、円高主導でUSDJPYが大幅下落した際のクロス円買いは高効率なトレードとなる可能性が高いです。


MetaTraderによるEURUSD中期分析!(黄金比MAを下回り下落トレンド転換)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

中期分析においては、9月7日以来、上昇トレンドを維持しておりましたが、ついに下落トレンドへ転換しました。

FOMC後、ドル売り継続かと思いきや下落となったため、まだ調整は続きそうです。


ファンダメンタルズ

米国住宅指標が悪結果に終わったことで、ドル買いの巻き戻しが起きました。

また、原油が4%程度下落するなどしたため、資源国通貨を中心に売りが進んだため、ドル買いが起きたとも言えます。

少なくとも注意しなければならないのは、ドルを買う大きな理由が起きてドル買いが起きているわけではないということです。


トレード

ドル売りトレンドにおいて、ドル買い調整が起きていることはファンダメンタルズで記述した通りですが、トレード戦略としては、ドル売りのタイミングを虎視眈々と狙うのが理想です。

EURUSDについては、下の黄金比線に到達するまでもなく再度の上昇に転じる可能性もあるため、積極的に買っていきます。


MetaTraderによるGBPJPY中期分析!(予測通り黄金比MAで反落→黄金比線161.8%到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

FOMCを前にしたドル売り調整の加速で黄金比MAまで上昇しました。

時を同じくして、EURUSDも同様に黄金比MAまでドル買いが進んで下落していました。

為替相場が相対的だということを実感できる綺麗な値動きでした。

黄金比MAまで上昇した後は、下落に転じそのまま黄金比線-61.8%に到達し、相対的な値動き限界になったためもみ合いとなっています。

今後は、更に黄金比線を突き破っていくか注視していく必要があります。


ファンダメンタルズ

FOMCはネガティブな内容ではなく、幾分かポジティブな内容となりました。

その結果、波乱もなく順方向であるドル売りに傾斜しています。

材料出しつくし感がありますし、本日、明日と米国住宅関連指標の発表があるのですが、よほどのサプライズがない限り反応は限定的となりそうです。


トレード

ドル売りについて肯定も否定も強くされていない以上、順方向に傾斜していくのでファンダメンタルズの重要度を下げ、テクニカルの重要度を上げてトレードしていきます。

つまりは、順張り無感情で勝てる相場だと判断しているということです。


MetaTraderによるGBPJPY中期分析!(GBP好材料で買いバイアスに)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比MAまで上昇して、その後、もみ合いに転じています。

このまま抜けていけば上昇トレンド転換といった様相ですが、FOMCを控えていることもあり、強気の買いは期待できません。

GBPの下落トレンドを考えれば、黄金比MAを戻りポイントとして捉えて売ることも一つの戦略だと思います。


ファンダメンタルズ

BOE議事録で資産買い入れプログラムの規模が全会一致で据え置かれたことを好感してGBP買いバイアスが一時的に強くなっています。

ただし、予断を許さぬ状況に変わりありませんので、今回の材料だけで一転して、GBP買いトレンド復帰とはなりそうもありません。

むしろ、GBP売られ過ぎのガス抜き程度の気休めにしかならないと予測しています。


トレード

黄金比MAに到達した時点で軽く売ってみました。

リミットは、50~80pipsで、ストップは100~120pipsです。


Semiauto_EA 体験版の送付について

Semiauto_EA 体験版

本日の朝方、Semiauto_EA の体験版を申し込まれた方々にメールで体験版の送付を致しました。

もし、メールが届いていないという方は、人生解放までご連絡ください。

また、Semiauto_EA については特典がございます。


GRTレンタル期間中の方は半額!

Semiauto_EA については、GRTレンタル期間中の方に限り半額でレンタルいたします。

その逆のSemiauto_EA のレンタル者が GRTを半額でレンタルすることはできませんので、特典を活用される方は、まずGRTのレンタルを開始してください。

何か疑問、不明点がある場合は、御遠慮なく人生解放までご連絡ください。


MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/09/23(水) 16:08

MetaTraderによるUSDJPY中期分析!(予測通りの展開)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

以前の記事で指摘した通りに黄金比線161.8%付近まで上昇した後、スルスルと下落していきました。

テクニカル的には、中期のレベルで十分なドル売り調整のドル買いが施されましたので、後はFOMCを待つのみといった形です。

目先の黄金比MAがなだらかに上昇していることからも、このまま下落トレンドに転じていくものと予測しています。


ファンダメンタルズ

今回のFOMCの声明内容は読みにくい部分がありますが、強気な声明はないだろうというのが大方の意見です。

無論、何が起きるかわからないので一概には言えませんが、発表後に落ち着きが出てからは素直にドル売りトレンドが再開されると思われます。

超長期的に見れば円を買うなんて理由はないのですが、中長期的にドルを買う理由もないため、ドル売りに押されて仕方なく代役として円が買われているといった状況です。


トレード

絶好の戻り売りのタイミングをチャートの前にいたにもかかわらずプライベートな事情で見過ごす破目になってしまったので、ノーポジです。

展開次第ではFOMC前後に飛び込んでトレードするかもしれませんが、基本は落ち着いてからのつもりです。


Golden Ratio Trading 体験版の送付について

GRT体験版の送付

GRT体験版をお申込みされた方々にメールで送付いたしました。

間違ったダウンロードURLを送信してしまったため、訂正メールも来ているかと思います。

ダウンロードは訂正メールのURLから可能となっております。


Semiauto_EAについて

Semiauto_EA についても本日中に体験版の送付をいたしますので、ご期待ください。

自動売買の新しい形を提供してみせます!


MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/09/22(火) 06:19


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。