スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD中期分析!(更なる反発なるか!?)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 1時間足

MetaTrader(メタトレーダー) Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

7月20日から続いた下落トレンドは、7月26日に黄金比MAを上に抜けて上昇トレンドに転換していきました。

目先は黄金比線が突き出しているため、上値は重いと想定されますが、黄金比線が上昇して上昇余地が生まれた時に2段階目の上昇があるかがポイントとなってきます。


ファンダメンタルズ

ユーロ危機であることに変わりはありませんが、過去何度もあったように危機の中でもノンストップでトレンドと逆行するのが為替相場です。

ファンダメンタルズの好材料としては物足りない状況ですが、ユーロの更なる買戻しに注意が必要です。


トレード

ユーロ危機でユーロ売りトレンドであることは間違いありませんが、ユーロを売り続ければ勝てるかというとそうでないのが為替相場の面白いところです。

EURUSD4時間足を見ると分かりますが、今は行き過ぎたユーロ売りトレンドの調整時期に入っていると考えるのが妥当であるため、1時間足レベルの戦略として今週はロング目線で勝負していきます。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。