スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURJPY中期分析!(上げ過ぎは錯覚)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURJPY 1時間足

MetaTrader(メタトレーダー) Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

先週末、200pips近い急激な上昇となりました。中期レベルでは8/8迄の間で100pips以上の伸びしろがあります。これは、相対的な為替相場における値動き限界を示す黄金比線を見れば一目瞭然です。

テクニカル分析をする上では、ユーロ買いが続くわけがないなどといった先入観は捨てて分析をする必要があります。


ファンダメンタルズ

米国雇用統計の好感を受け、米国株は大幅反発し、為替相場はリスク許容度の改善からユーロと円の買い戻しが入りました。

また、VIX恐怖指数は直近半年で最低水準に近づいてきており、ユーロ危機国の国債が下落基調に入ってきています。

今週は、引き続きユーロ圏のファンダメンタルズに注視する必要がありますが、更なる反発の可能性が高まっています。

無理に戻り売りを狙うよりもユーロの買い戻しが一巡するまでは買いで勝負した方が良い地合いに変わっていると考えています。


トレード

先週に引き続き、今週もユーロ買いで勝負していきます。

イタリア国債が順調に下がり続けて、ユーロ圏に一先ず落ち着きが戻ればまず負けないでしょう(笑)


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。