スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD長期分析!(黄金比線を抜け出す重要ポイント)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 4時間足

MetaTrader(メタトレーダー) Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

過去のパターンから黄金比線に長期間浸かっていた場合は、黄金比線を抜け出した後に黄金比MAを目指していくことが多いです。

今回も黄金比MAを目指す展開を予測していますが、目先の黄金比MAをは下落しており、9月の高値は黄金比チャネルとのクロスポイントを考えると最大でも1.28と予測しています。


ファンダメンタルズ

ユーロ危機を中心とした相場展開ですが、VIX恐怖指数は14を切り直近5年で最低を記録し、米国株は非常に堅調となっています。

あくまでもユーロ諸国が問題で、米国は関係なくはないですが、逆にチャンスとでも捉えているかのようなマーケットの値動きです。

つまり、ユーロ売り・米国買いということなので、単純に考えればEURUSDは売りということになります。

ただし、長期間ユーロ売りの一方的なトレンドになっているため、かつての円キャリートレードの手仕舞いと同じようにユーロの急激な買い戻しに注意する必要があります。


トレード

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析がねじれるという難しい局面です。

現在は、ユーロ危機の状態が尋常化してしまったため、テクニカル主導の値動きになると考えています。

このため、基本的にはEURUSDを買いから入っていきます。

しかしながら、ユーロ売りトレンドで逆張りとなるため、張るポジションは少なくします。

強気でトレードするタイミングでもないので、勝ちパターンにはまらなければノートレードの可能性もあります。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。