スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるUSDJPY長期分析!(黄金比リトレースメント61.8%到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 4時間足

MetaTrader(メタトレーダー) Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

USDJPYは黄金比リトレースメント61.8%まで反発してきました。

黄金比リトレースメント100.0%は、6月後半に記録したレートであるため、そろそろ切り下がってきます。

切り下がることにより、USDJPYの目先の高値は、ちょうど80円がターゲットとなります。

仮にこの80円を超える力強い値動きとなった場合、そのまま黄金比MAを上に抜ける可能性が高くなります。

黄金比MAを上に抜けて上昇トレンドに転換した場合は、未来の黄金比MAが下落しているため、上昇トレンドを維持しやすく長期化することが考えられます。

2012年内の長期的な高値の目標は、未来の黄金比線161.8%である82.4円です。

仮に80円突破に失敗した場合は、未来の黄金比線-61.8%である75.7円が目標となってきます。


ファンダメンタルズ

米国株が非常に好調です。

ダウは13,275、ナスダックは3076,59と5月に着けた年初来高値を更新する勢いです。

これは、米国企業の好決算、量的緩和政策、雇用の改善傾向からきているものとみて間違いないでしょう。

米国経済が立ち直れば、世界経済にも良い影響が波及することが想起されます。

このため、ユーロ危機は蚊帳の外となり、マーケットは米国主導の世界経済回復に視点を移しているものと考えられます。

ユーロが脇役となり、ドルが主役となりました。

リスクオンにより、主役のドルが買われる展開となっています。


トレード

リスクオンにより、ドル買いに傾斜しています。

しかしながら、相対的に円売りとなっているのは間違いありませんが、積極的な円売りは確認できません。

残念ながら、主要国の政策金利が横並びで低いため、リスク許容度の改善による円安は見込めなくなったようです。

今後は、ドルストレートを主体としたトレードをしていくこととします。


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/21 10:05 ]
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。