スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

EAで雇用統計の時間帯にトレードさせない方法

EAで雇用統計の時間帯にトレードさせない方法

雇用統計などの重要指標発表時は乱高下することが多く、EAのトレードロジックによっては意図しないポジションを持つことがあります。

そこで上記の問題について、EAに雇用統計の時間帯はトレードしないロジックを組み込むことで回避する方法を考えました。

そんなに難しいロジックではありませんが、MQL4プログラムソースで解説していきます。


MQL4プログラムソース

雇用統計の時間帯にトレードさせない方法のMQL4プログラムソースを以下に示します。

//+------------------------------------------------------------------+
//|                雇用統計の時間帯でトレードさせない方法.mq4 |
//|       Copyright 2012, MetaTrader(メタトレーダー)で永久に稼ぐ! |
//|                                http://winnerlife.blog35.fc2.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "MetaTrader(メタトレーダー)で永久に稼ぐ!"
#property link      "http://winnerlife.blog35.fc2.com/"

//+------------------------------------------------------------------+
//| パラメータ                                                       |
//+------------------------------------------------------------------+
extern string Label1 = "雇用統計の日にトレードを抑止させる時間帯";
extern string Label2 = "XXYY形式(XX:時間、YY:分)";
extern int    NoTradingStartDate = 1930;
extern int    NoTradingEndDate   = 2330;
/* ※日跨りには対応しない */
/* ※サーバ時刻を考慮して設定する必要がある */


//+------------------------------------------------------------------+
//| expert start function                                            |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
{
   //+---------------------------------------------------------------+
   //| 雇用統計の時間帯であるか判断する                              |
   //+---------------------------------------------------------------+
   /* 金曜日
      かつ日にちが7日以前
      かつトレード抑止開始時間以上
      かつトレード抑止終了時間未満
      の場合 */
   if((DayOfWeek()==5) /* 5:金曜日 */
      &&(Day()>=7)
      &&(StrToInteger(DoubleToStr(Hour(),0)+DoubleToStr(Minute(),0))
          >= NoTradingStartDate)
      &&(StrToInteger(DoubleToStr(Hour(),0)+DoubleToStr(Minute(),0))
          < NoTradingEndDate))
   {
         /* 雇用統計の時間帯はEAを空回りさせる。 */
         return(0); /* リターンして処理を終了 */
   }

   //+---------------------------------------------------------------+
   //| トレードロジック                                              |
   //+---------------------------------------------------------------+
   /* 雇用統計の判断ロジックの後に、トレードロジックを記入する。 */

   return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+

更なるテクニック

今回のMQL4プログラムソースは、雇用統計の時間帯である場合に何もしない方法を採っていますが、リスク回避でポジションを閉じたり、リミットやストップを変更するなどの工夫をすることも考えられます。

また、雇用統計に限らず、他の重要指標についても同様の考え方でプログラミングすることができますので、色々と応用してみてください。


MQL4テクニック | CM(1) | 2012/09/08(土) 09:34
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/03/08 19:52 ]
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。