スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD長期分析!(黄金比MAを上に抜けて上昇トレンド転換)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 4時間足

MetaTrader4 MetaTrader5
MetaTrader4(メタトレーダー4) GRT001 MetaTrader5(メタトレーダー5) GRT001

テクニカル

2012年5月9日から続いていた下落トレンドですが、9月11日に黄金比MAを上に抜けて上昇トレンドに転換しました。

未来の黄金比MAが下落していることから、年内は上昇トレンドを維持できる可能性が高くなっています(レートは下がる可能性あり)。

次のポイントは、上値をどこまで伸ばせるかです。

11月末までは、未来の黄金比線200.0%前後である1.35前後まで上昇できるかが鍵です。

1.35前後の水準で推移すれば、12月以降は更に上値を伸ばす可能性が出てきます。


ファンダメンタルズ

FRBのQE3実施が確定したことからドル売りが加速しています。

ユーロ危機は収まったわけではありませんが、マーケットの注目は米国経済に向いています。

マーケットの注目が変わらない限り、ドル売り目線で問題ないと考えています。


トレード

EURUSDは過去の値動きからも分かるとおり、一度トレンドが出ると一方通行に走りやすい傾向にあります。

このため、基本的には買い目線でトレードをしていきます。

ただし、現在のレート水準がすでに未来の黄金比線161.8%の水準にまで到達しているため、ここからの上昇ペースは鈍化すると予測しています。

丁寧に押し目を拾って、確実に利益確定していくことが重要となってきそうです。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。