スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD長期分析!(揉み合いからブレイクなるか)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 4時間足

MetaTrader4 MetaTrader5
MetaTrader4(メタトレーダー4) GRT003 MetaTrader5(メタトレーダー5) GRT003

テクニカル

9月11日に黄金比MAを上に抜けて上昇トレンドに転換しています。

上昇トレンドに転換後は持ち合いとなっています。

未来の黄金比MAが下落しているため、押し目を形成しにいく可能性があります。

また、黄金比線161.8%までブレイクしていく可能性もあるため、ファンダメンタルズよりどちらにブレイクするのか見極めていく必要があります。


ファンダメンタルズ

米国株が堅調なため、ユーロ危機の影響力が薄まってきています。

また、米国の失業率がポジティブ・サプライズもあり、下振れリスクが低下してきています。

米国はドル安政策を打って出ているため、リスクオンは基本的にドル売りにつながります。

しかしながら、ユーロは買いづらいですし、円も介入懸念で買いづらいですし、非常に歪な値動きとなることが想定されます。


トレード

2012年も残り3ヶ月を切ってしまいましたが、EURUSDは歪で理解不能な値動きとなる可能性が高いと考えています。

こういったカオスな相場ではトレンドが出づらいですし、基本的にはレンジ相場を想定したトレードを展開していきます。

ただし、ユーロ危機に対する強力な対策が打ち出されるなどでトレンドが出る可能性もあります。

このため、ファンダメンタルズに応じて適切に戦略を変更することが求められる相場になると予測しています。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。