スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

Golden Ratio Trading による USDJPY 中期分析!(戻りを売り叩きました)

 USDJPY 1時間足

(クリックで拡大)

 GRTレンタル者の方々は、USDJPY4時間足をご覧ください。
黄金比フィボナッチリトレースメントの戻しレベルでは、2008年9月以来の水準まで反発しているのが見て取れます。
下落トレンドの終焉を意味するサインなのか単なる絶好の戻り売りポイントなのかは、難しいところですが、短期で売るという決断を私はしました。

 売りのタイミングは、黄金比線を超えたラインからです。
今回は、たまたま絶好の機会に起きていたので、成行で注文しました。
画像の赤枠で囲ったところがリミット範囲です。
既に第一陣のリミットには刺さったので、残るポジションは6割程度です。

 一先ず寝ますが、起きた頃には恐らく全てのポジションが利益確定されていると思います。
理由は、単にクロス円だけが上昇したからです。
つまり、EURUSDは無風状態であり、円ロングの解消だけが進んだということです。
円ロングの解消は、ダウの上昇によって爆発しましたし、ダウの上昇が続くとも考えられないため、戻り売りの増加とダウの頭打ちで再び下落に転じてしまうという短期的な予測です。

 とにもかくにも、各国の利下げが収束に向かう中でこういった円ロングの解消によるクロス円の爆発が今後、多くなってくると思われるため、注意していきましょう!

MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/02/06(金) 02:31
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。