スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD中期分析!(下落トレンドからの転換を狙う)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 1時間足


MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

6月5日に黄金比MAを下抜け、下落トレンドに転換しました。

その後、2度、黄金比MAに接触するレベルまで上昇しましたが、戻り売りに押され、下落トレンドのままという状態です。

現在は、ユーロが弱くなっており、ドル売りの調整も兼ねてクロス円で円高が進行しています。


ファンダメンタルズ

個人的な思惑ではありますが、FOMC前後はドル売りトレンドに傾くと予測しています。

確かに既にドル売りのレベルはかなり高い段階に来ていますし、どちらかと言えばドル買い戻しの余地の方が大きいと思います。

しかし、米国経済の復活には輸出を伸ばす必要があり、伝統的に行われてきた不況時のドル安政策という背景がドル買いを抑制すると考えています。


トレード

上記により、EURUSDの押し目買いで今週は勝負します。

押し目買いの狙いとしては、本日のNY時間と明日のアジア時間と考えています。

もしかすると、FOMC直前までドル高が進行してしまうかもしれませんので、一気に買うのではなく、分散して買う予定です。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。