スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

Golden Ratio Trading による GBPJPY 中期分析!(クロス円の戻り売り開始)

MetaTrader 4 チャート画像

EURJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

GRT_MACDを表示すれば分かりますが、現在の上昇でダイバージェンスの発生がほぼ確実となっております。

なぜクロスもしていないのにダイバージェンスの発生を予見できるのか分からないという方は勉強不足ですので、ダイバージェンスの定義について完全な理解をするようにしてください。

ダイバージェンスが発生するような無理な上昇がテクニカル的に発生している上に、黄金比線に到達しているということで、反転確率がかなり高まっていると分析できます。

一時的な反転を狙って戻り売りを仕掛けるポイントと言えます。


ファンダメンタルズ

ドル売り・円売りが加速していますが、ファンダメンタルズ的には順方向であるため、戻り売りは注意する必要があります。

ただし、直近の円高の反動があったとはいえ、一時的にドル売り・円売りが進み過ぎた感があるため、調整にも注意する必要があります。


トレード

テクニカル的にはクロス円の戻り売りがベストと言える状況ですが、ファンダメンタルズ的には逆張りであるため、リミットを控え目に設定して、戻り売り指値をずらっと並べています(2割の指値が約定済み)。

最初からナンピンする前提で指値を指すのと、後から苦し紛れにナンピンするのとでは意味合いが違うということを念のため補足しておきます。


MetaTrader関連 | CM(0) | 2009/07/20(月) 21:25
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。