スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるGBPUSD中期分析!(ドル売りで力強くブレイク&黄金比線到達でストップ)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

GBPUSD 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

ブレイクしたときに一体、どこまで上昇するんだろう?という疑問に対する答えを「相対的な為替相場における値動きの限界を示す黄金比線」が教えてくれます。

無論、ファンダメンタルズを考慮して黄金比線の何%まで値動きが生じるのか分析しなければなりませんが、テクニカル的にもおおよそのパターンが存在します。

上記の通り、GBPUSDは黄金比線161.8%まで到達後、頭打ちとなっています。


ファンダメンタルズ

来週は、RBA/BOE/ECB政策金利の発表に加え米国の重要指標もいくつかあることから、ドル以外のロング解消と引き続きドル売りに注視する必要があります。

引き続き、政策金利の発表内容もポジティブなものでしょうし、米国指標の好結果である可能性が高いので、逆張りには気をつけましょう。


メンタル

景気悪化の懸念から景気回復へとマーケット参加者の思考が変わっているにも関わらず、未だに二番底を期待しているような方は要注意です。

できる限り、一般的に大衆的に思考を張り巡らすことが為替相場で勝ち続けるコツなのです。


トレード

ドルストレートがメインの値動きが展開されているため、クロス円よりもドルストレートで勝負していきます。

今日から8月ですが、7月のトレンドを継続する形になると予測しています。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。