スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURJPY長期分析!(EUR 8月は下落か)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

現在の水準を維持して、もうひと踏ん張り上昇する力があれば、目先の黄金比線を下抜けることなく上昇トレンドを維持できそうです。

しかし、ここまではドル売りによる上昇でしたので、今後は円売りの支援がないと上昇するのは難しいと思います。

そのため、欧州自体のファンダメンタルズが良好になる決定的な情報がなければ下落していく可能性が高いと言えます。


ファンダメンタルズ

米国に比べて欧州の景気回復が遅れていることは明白ですし、ドルを売る理由があっても、ユーロを買う理由は特にない状態です。

そのため、ドル売りが一巡した後は、円売りが持ち込まれない限り、下落していく可能性が高いです。

その観点を踏まえると、8月は押し目買いより戻り売りが有利となる展開と言えそうです。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。