スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるGBPJPY中期分析!(予測通り黄金比MAで反落→黄金比線161.8%到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

GBPJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

FOMCを前にしたドル売り調整の加速で黄金比MAまで上昇しました。

時を同じくして、EURUSDも同様に黄金比MAまでドル買いが進んで下落していました。

為替相場が相対的だということを実感できる綺麗な値動きでした。

黄金比MAまで上昇した後は、下落に転じそのまま黄金比線-61.8%に到達し、相対的な値動き限界になったためもみ合いとなっています。

今後は、更に黄金比線を突き破っていくか注視していく必要があります。


ファンダメンタルズ

FOMCはネガティブな内容ではなく、幾分かポジティブな内容となりました。

その結果、波乱もなく順方向であるドル売りに傾斜しています。

材料出しつくし感がありますし、本日、明日と米国住宅関連指標の発表があるのですが、よほどのサプライズがない限り反応は限定的となりそうです。


トレード

ドル売りについて肯定も否定も強くされていない以上、順方向に傾斜していくのでファンダメンタルズの重要度を下げ、テクニカルの重要度を上げてトレードしていきます。

つまりは、順張り無感情で勝てる相場だと判断しているということです。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。