スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURJPY中期分析!(予測通りの下落だが…)

MetaTraderメタトレーダー)チャート画像

EURJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

私の予測通り下落となりましたが、私の場合は早仕掛けで失敗でした(ファンダメンタルズを軽視し過ぎた)。

下落を開始してからは、黄金比MAを一気に突き抜け、下落トレンド転換となり、そのまま黄金比線-61.8%に到達する展開となりました。

つまり、ショートポジションの方は、少なくとも半分以上は利益確定しておいた方が長期的には良い成績になるかと思います(まだまだ下落しそうですが)。


ファンダメンタルズ

米国経済マクロの悪化によりリスク回避によるドル買い(ドル売りポジションの解消)が大量に発生しています。

結果として、欧米の経済マクロが悪くなると円が買われるという謎のスタンスも健在であるため、ドル買い・円買いによりクロス円が大きく下げています。

今回もこういった流れを予期できていたのですが、早仕掛けとなったため結果を残せませんでした。


トレード

もう少しファンダメンタルズを分析できていれば、今回の波にも簡単に乗れたはずです。

私自身の方針として今回はテクニカル重視で勝負ということでしたので、その方針が間違っていたということです。

いずれにしろ、為替相場が相対的だという本質を捉えたGRTのテクニカルとファンダメンタルズを融合させなければ長期的に勝つことは難しいということです。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。