スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるUSDJPY長期分析!(11月中に87円台をつけられるか)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比リトレースメントとしては、持ち合い状態となっているため、どちらに振れてもおかしくない状態ですが、黄金比MAよりも下に位置していることから戻り売り優勢と言えます。

無論、トレンド転換の起点となる材料があったときにはブレイクアウト狙いで買うべきです。

基本的には円高トレンドは安定して形成されていますし、今年一杯はそれが続きそうです。


ファンダメンタルズ

年末を迎えるにあたって毎年繰り返されることですが、投機ポジションが解消され、本来のトレンドとは逆に動くことが良くあります。

今年の場合は、ドル売り/円買い/資源国通貨買いの年でしたので、それとは意味もなく真逆に動く可能性があることに注意する必要があります。

我々としては、その偽のトレンドを円安転換と勝手に判断しないことであり、投機ポジションの解消であることが確実であれば、本来のトレンドに対して順張りで攻めるべきだということです。


トレード

私もFXを始めた当初は年末の不可解な値動きにやられたこともありましたが、投機ポジションと為替相場が相対的であることを踏まえれば、本来のトレンドに対して順張りで攻めれば確実に良い結果がついてくると分かりました。

逆に言えば、ファンドの決算期に向けた投機ポジション解消を狙って逆張りするというのも一つのトレード戦略なのかもしれません。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。