スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

FXで負ける人の傾向

はじめに

FXで負ける人の傾向というのは、書籍等でよく取り上げられますが、ストップを置かない等の当たり前のことで大半が占められています。

そこで、FXで負ける人の傾向を独自の観点でまとめてみたいと思いました。

この文章によって、大きな気づきが得られれば幸いです。


テクニカルの設定数値に拘る

本来、テクニカルというのは、200日MAに代表されるように多くの人が目安にしているからこそ意味があるはずの指標です。

それにも関らず、過去の値動きに合わせて数値を設定している人の多いことに驚きます。

テクニカルの設定数値を弄るということは、限定された値動きの中での脆弱性を突くことになるだけで恒久的な勝ちには繋がりません。

確かに、一定期間毎に最適化を繰り返せば良いのですが、そういった本質的ではない小手先のテクニックは、いずれ破綻してしまいます。


テクニカルの計算式を知らずに利用している

計算式を知らないということは、そのテクニカルの利点・欠点を根本的には理解できていないということになります。

まずは、自分自身が無知であるということに気づくべきでしょう。

計算式を理解すれば、テクニカルは単に過去の四本値を利用した数学遊びに過ぎないと気づくでしょう。

その気づきがあれば、FXで勝つためにはテクニカルだけでは不十分だという気づきも同時に得られるはずです。


テクニカル派・ファンダメンタルズ派・スイング派・スキャル派といった括りで自分のスタンスを固定化する

為替相場はテクニカル重視の値動きになることもあれば、テクニカルを無視したファンダメンタルズに則った値動きとなることもあります。

また、為替相場は様々な情勢によってボラティリティが変動するため、スキャルが有利である場合もあれば、スイングが有利な場合もあります。

そのため、まずは自分自身に合わせて相場が動かないことに気づくべきでしょう。

その気づきがあれば、自分自身が相場に合わせて行動すれば良いのだという気づきも同時に得られるはずです。


おわりに

負ける人の傾向を分析すると端的に言ってしまえば、勝つためには「為替相場に柔軟に対応してトレードしなさい」ということになってしまいます。

当然、そのためにはどうすれば良いのかという問いかけが出てくると思います。

その一つの答えとして、私はGRTを開発したのです。

為替相場で勝ち続けることは簡単なことではないですが、こういった負ける人の傾向等に自分自身が該当していないか確認することは非常に重要です。

また、それ以上に重要なのが、該当する項目に対して、原因を分析し、対策を立て、行動に移し改善させることだというのは言うまでもありません。


FXの極意 | CM(0) | 2010/01/03(日) 14:05
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。