スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるUSDJPY中期分析!(底堅い値動き)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

2009年12月からのドル買いにより上昇を続けていますが、依然として底堅く円高材料がなければスルスルと上昇してもおかしくありません。

こういう一本調子に上昇するが、たまに大きく下落するというパターンは、円キャリートレードの全盛期を思い起こさせますね。


ファンダメンタルズ

藤井財務相辞任ということで市場に円売り安心感が出たという噂もあります(こじ付けでしょうけど)。

私も円高容認派でしたので、少し残念ですが、やはり円自体に魅力はないですからね…。

昨日の米国ADP雇用統計は予想より悪化ということで、1/8の米国指標も悪い結果を想起させるので、思ったよりも値動きは限定されるかもしれません。


トレード

IMMポジションでは円ショートが積み上がる方に傾斜しているため、今後は調整の円買いに気をつけなければなりません。

また、直近は、円売り、ユーロ売り、ポンド売り、ドル買いという極端な構図であったため、この無理が祟った際の反動にも気をつけなければなりません。

そもそもオーバーシュートと大幅調整には常に注意が必要だと思いますけどね。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。