スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

Golden Ratio Trading 開発過程

開発目的に対するアプローチ

「普遍的な理論を基にそれを可視化・抽象化することで相場に柔軟な姿勢で臨むことのできるトレード手法の確立」という開発目的に対して、以下のように開発してきました。

普遍的な理論については、以下の項目を軸として開発していきました。

為替相場が相対的であるという本質

フィボナッチ数

黄金比

時間の概念

また、相場に柔軟な姿勢で臨むことについては、以下の項目を軸として開発していきました。

WBS(Work Breakdown Structure)


新たなテクニカルの創出

為替相場が相対的であるという本質をいかにして可視化・抽象化していくかということを重要視して新たなテクニカルの創出に取り組んでいきました。

従来のテクニカルにおいてもフィボナッチ数と黄金比を用いることはよくありましたが、時間に対しても黄金比を適用するという斬新なアイデアにより、為替相場が相対的であるという本質の可視化・抽象化に成功することができました。


WBSの制定

WBSにおいては、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の融合を重要視して制定していきました。

相場に対して柔軟な姿勢で臨むといってもあまりに自由過ぎてもいけないということで、最低限のルールだけ設けて、陳腐化しないトレード手法とするために残りを裁量判断としました。


インデックス


MetaTrader関連 | CM(0) | 2010/05/06(木) 05:11
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。