スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURJPY中期分析!(黄金比線抜け出し後、再下落)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURJPY 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線を抜け出した後、下落余地が再び生まれ、黄金比線を目指して再度、下落する展開となっています。

ただし、この値動きはEURUSDのドル買戻しによる相対的な値動きであることに注意が必要です。


ファンダメンタルズ

IMMポジションを見ると、積みあがっていた円ショートがなくなり、円ロングが優勢となっています。

ドル売り・ユーロ売り・円売りトレンドですので、相対的な為替相場においてこの状況は歪みを生じさせます。

歪みによって、ポジション調整が必要となり、実際のファンダメンタルズと逆行する値動きが突如として始まる可能性が非常に高まっています。

こういう矛盾を含んだ相場に柔軟に対応できるトレーダーこそが、真の勝ち続けられるトレーダーだと私は思います。


トレード

今月はEURUSDの戻り売りで勝負すると記事で書いていましたが、クロス円での勝負に変更していました。

結果的に言うと、EURUSDで勝負していた方が、更に利益を獲得できていましたが、戦略的には間違っていなかったと思います。

ブログ記事の全てに目を通していただければ分かるかと思いますが、今は私自身のファンダメンタルズ感が非常に良く、テクニカル分析とも相まって非常に良いトレード結果を生んでいます。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。