スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURJPY中期分析!(黄金比線161.8%到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

AUDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線161.8%に到達し、上値を抑えられている状態となっています。

現状のレートが維持できれば、来週の火曜日には、黄金比線を抜け出し上昇余地が生まれるため、ファンダメンタルズ要因と併せて更なる上昇が見込めるか見極める必要があります。


ファンダメンタルズ

来週はECB政策金利がありますが、6月のECB政策金利において利上げの予告である記述が追加されたため、今回は利上げが有力と見られています。

今回の場合は、ギリシャ問題を抱えたままでの利上げとなるため、利上げ=ユーロ買いという単純な構図を期待するのは間違いで、マーケットでどのように解釈されているのか客観的に理解しておく必要があります。


トレード

ファンダメンタルズを踏まえると、ECBの利上げは超短期的には買い要因に成り得ますが、長期的には売り要因と見なせるため、ユーロ買いが加速した流れに乗るのは危険だと考えています。

かと言って、売れば良いという話でないことも買うべき通貨がないことから明らかであるため、結局はレンジ内での勝負を強いられると考えています。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。