スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD長期分析!(レンジブレイク)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 4時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比MAを挟んだ値動きからブレイクアウトし、黄金比線-61.8%を目指す展開となっています。

テクニカル的には、ユーロ売りよりもドル売り優勢を予測していましたが、ファンダメンタルズ要因からユーロ売りに転換しています。


ファンダメンタルズ

ECB政策金利の声明により、利上げ基調が据え置き基調に変わったこと、ギリシャのデフォルトに対するユーロ圏の動きが報じられたことにより、ユーロ売りが優勢となっています。

やはりというべきか、再びギリシャ問題ネタで相場が動意づく展開となっています。


トレード

長期的に考えれば、米国のデフォルトは問題先送りで一先ず解決?したため、ギリシャのデフォルト問題が心理的に優先されます。

ユーロ圏の情勢が更に深刻化するようなこととなれば、EURUSDが年末までに1.3割れを試している可能性は十分にあります。

このため、トレードにおいては、EURUSDの押し目買いよりも、戻り売りの方が有利と考えています。

一方通行に走る相場に対して逆張りをしないようにすること(ファンダメンタルズから一方通行に走るか事前に予測すること)が重要です。


初めましてmotochと申します。
ブログランキンからこのサイトを知りました.。
細かく分析さてれいるみたいで参考になります。
また遊びに来たいと思います。

良かったら、私のブログにも遊びに来てくださいね。

お近づきの“ポチッ×5”させて頂きました。
[ 2011/09/11 01:04 ]
>motochさん
当ブログへの訪問ありがとうございました。
またのご来訪お待ちしております。
[ 2011/09/11 10:22 ]
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。