スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるUSDJPY中期分析!(黄金比MA到達)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

USDJPY 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線-61.8%付近まで下落後、下値を更に試す展開にはならず、黄金比MAまで反発するという展開になっています。

今後は、ファンダメンタルズをもとに黄金比線161.8%の方向を目指していくのか、黄金比線-61.8%の方向を再度目指していくのか見極めていく必要があります。


ファンダメンタルズ

メルケル独首相がギリシャのデフォルトが選択肢にないということを発言し、円買いの売り戻しが優勢となる展開となりました。

IMMポジションを見るとユーロのショートが一気に積み上がっているため、上記の発言を受けて更にユーロの買戻し(=円売り)となる可能性があることに注視していく必要があります。


トレード

ユーロ圏になかなかポジティブな意見が出ないファンダメンタルズとなっていましたが、ギリシャのデフォルトが選択肢にないことが明言されたことにより、ユーロ売りにブレーキがかかりそうです(ユーロ買い材料との判断は時期尚早)。

トレード戦略としては、USDJPYが77.5前後(黄金比線161.8%)に到達した時点でEURJPYを売ることを考えていますが、マーケットがユーロ圏に対して想定以上に楽観的になった場合、ブレイクアウト狙いでEURJPYを買う戦略も考えています。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。