スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD中期分析!(テクニカル的にはトレンド転換か)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

11/1から続く一連の下落トレンドですが、中期レベルではいつ一息入ってもおかしくない状況となっています。

この下落トレンドが更に長期化するとなれば、10/4につけた1.314台を割る可能性があります。


ファンダメンタルズ

今週は特に目立った経済指標もないため、今までと変わらずユーロ圏の債務問題を軸にした相場が展開されると予測しています。

ファンダメンタルズ的にはユーロ売り優勢ですが、ユーロショートの積み上がりが解消されるタイミングではユーロの買戻しがあることに注意が必要です。


トレード

EURUSDについては基本的に売り目線で攻めていきます。

IMMポジションを見るとユーロショートがたいぶ溜まってきていますので、今週のどこかで買い戻される可能性があるため、そのポイントが戻り売りポイントと考えています。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/11/22 21:59 ]
コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。