スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | --/--/--(--) --:--

MetaTraderによるEURUSD中期分析!(もみ合い続く)

MetaTrader(メタトレーダー)チャート画像

EURUSD 1時間足

MetaTrader 4 Golden Ratio Trading

(クリックで拡大)


テクニカル

黄金比線161.8%到達後は、再び下落に転じ、黄金比MAを下に抜けて下落トレンドに転換しています。

基本的に12月は上昇基調に転じるとの予測であったため、意外な値動きと考えていますが、その影響はファンダメンタルズから来るものでしょう。


ファンダメンタルズ

EU債務問題は長期化の様相を呈してきていますが、果たしてこれは長期的なユーロ売りにつながるのか慎重に見極める必要があります。

短期的には相場全体の流動性が低くなっていることが指摘されている通り、一方的な値動きというよりは、上下にボラの高い値動きが展開されていくと予測しています。


トレード

単純に考えればユーロ売り一辺倒なのでしょうが、相場全体に活気がないため、実需ベースでの値動きを意識したトレードを心掛けていくべきと考えます。

私自身のトレードは、そろそろ全てのポジションを手仕舞いし、今年のトレードを振り返るフェーズに入る予定です。


コメントの投稿
題名
名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS
SECRET管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。